「ハチドリのひとしずく」

お知らせ

「ハチドリのひとしずく」という物語を知っていますか?

南米エクアドルに伝わるとても短い物語です。
読んだことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、本当に短いお話なので、全文載せたいと思います。

「ハチドリのひとしずく ~いま、私にできること~」

森が燃えていました。

森の生きものたちは われ先にと逃げていきました。

でもクリキンディという名の ハチドリだけは、いったりきたり

くちばしで水のしずくを一滴ずつ運んでは 

火の上に落としていきます。

動物たちがそれを見て 
「そんなことをして いったい何になるんだ」 といって笑います。

クリキンディは こう答えました。

「私は、私にできることをしているだけ」 

出展:「ハチドリのひとしずく」辻 信一監修 光文社刊 2005年

監修された辻信一さんは、「100万人のキャンドルナイト」呼びかけ人代表として有名な、明治学院大学国際学部の教授です。(専門は文化人類学)
辻さんは、16年の海外生活の中で出会った、南米アンデス地方に住む先住民族の友人からこの話を聞き、一人でも多くの人に伝えようと翻訳・出版をされたそうです。

地球温暖化や数々の環境問題を前に、私たちは問題の大きさに「どうせ自分一人が動いたって、何も変わらないだろう」とあきらめてしまいがちです。


そんなとき、このハチドリの物語を思い出してみてもらえたら嬉しいです。

今、自分にできることは何なのか。

今まで無意識にもらっていたレジ袋を、エコバッグを使うようにするだけでも、何かが変わるのではないでしょうか。

もちろん、それだけでは地球温暖化が止まるわけでも、貧困が無くなるわけでもないでしょう。
それでも、その小さな行動は、地球の未来を変える一つになります。

以前ブログで紹介したグレタさんのように、多くの人に発信する大きな行動も大切だとは思いますが、本当に大切なのは、多くの人が小さな行動を起こすことではないでしょうか。


一人一人のほんの小さな行動が積み重なった時に、どんな世界に変わっているのかを、見たいとは思いませんか?

そんなことを考えて、AOTOBAGはエコバッグを作り続けています。